亀岡市の注文住宅工務店、リフォーム、リノベーション工事・不動産売買・仲介まで住まいのトータルオフィスです。平屋住宅、高気密・高断熱住宅、住宅の設計、施工管理まで、住宅のことならエコデザイン株式会社にお任せください。
本文へ移動

災害から命を守る

地震活動期の今、大きな災害からご家族の命と財産を守る。

「いい家」の最大の条件でもある耐震性能に優れている住宅を、だれもが同じようにつくるようにするのには、どのようなルールを定めればいいのでしょか。

一つは、耐力壁は量とバランスを考えることです。

留意点は、耐力壁をバランス良く配置することです。量をいたずらに確保するだけでは十分ではありません。配置のバランスを欠くと、耐力壁の少ない部分に力が集中し、建物にねじれが生じて倒壊します。

もう一つが上下階の柱、耐力壁の連動性を持たせることが大切です。この連動性を持たせることのできる割合を、直下率と呼びます。

必要な量の耐力壁をバランス良く配置すること、そして柱と耐力壁の位置に上下階の連動性を持たせること、この2つをルール化することで、耐力性の確保された「いい家」をだれもが同じように設計できます。つまり設計者によるバラツキを抑えることができ、設計の標準化ができあがります。

エコデザインでは、すべての家づくりにおいて標準化された範囲で設計プランを行います。

耐力壁の位置と配置も大切です。

バランスの良い家は、家の「重心」に壁の力「剛心」が重なるようになります。このことを偏心率と言います。
偏心率が小さい家ほどバランスが良い家で震災にも強い家になります。バランスのとれた安心な家でして暮らせたらいいと思いませんか。

上下階の柱、壁の位置

建物耐震バランスを良くするために、2階の柱の下には1階の柱2階の耐力壁の下には、1階の耐力壁があるように設計する。この割合を柱、壁の直下率と言います。
柱・耐力壁の直下率の高い家は、震災に強い家になります。
エコデザイン株式会社
〒621-0052
京都府亀岡市千代川町
千原2丁目1番17号 
TEL.0771-29-1406
FAX.0771-25-5510
定休日 毎週水曜日・第2、4火曜日

●新築事業
新築分譲・販売・建て替え工事
●リフォーム事業
リフォーム工事・アフター訪問 
●設計事業
二級建築士事務所 
「京都府木造住宅耐震診断士 登録」
●不動産事業
不動産売買・仲介・斡旋
●その他
上記に付帯する備品販売
・ 施工・付帯する業務

●宅地建物取引業
京都府知事免許(2)12925号 
●建設工事業
京都府知事許可(般-26)38077
●建築士事務所
2級建築士事務所(26B) 第00134号
0
6
2
4
5
4
TOPへ戻る