本文へ移動

建物構造・基本仕様

基礎

地盤調査

家づくりのプロセスとして地盤調査は欠かせません。
ジャパンホームシールドによる調査 確かな地質調査が行えるSDS試験を行い、
調査結果をベースに総合的に判断し、安全で合理的な基礎構造を採用します。
必要に応じて地盤改良工事を行います。
地盤は、安心の20年保証

ベタ基礎

立ち上りと底版一面が鉄筋コンクリートになっており、家の荷重を底版全体で受け止める「面」で支える基礎形式。
地面をコンクリートで覆うので、湿気を防ぎシロアリも侵入しにくくなります。基礎は換気口のない立ち上りとなり、基礎の隅にはコーナーハンチ(三角補強)を設けて剛性を高めています。

基礎で断熱

耐圧版厚さ15㎝以上(主配筋13㎜ 副配筋10㎜タテヨコ20㎝間隔)
立ち上り部厚さ15㎝以上
根入れ深さ25㎝以上
コーナーハンチの設置
「基礎断熱スタイロフォーム第3種50㎜」
基礎の内部は換気システムで強制的に行います。

躯体木材「プレカット」

土台 ヒノキ105角 京都府内産
柱  スギ(無垢材)105角 通し柱120角 京都府内産
梁、桁 米マツ(無垢材) 構造集成材
外周壁、構造壁 構造用合板9㎜
床(剛床)構造用合板(京都府内産)28㎜
第三者機関による検査の実施

適材適所

地面に近い土台には、湿気に強く白蟻に強いヒノキ。

縦方向にかかる荷重を支える柱には、どんな傾斜地でもまっすぐ天に向かって伸びるスギの芯持ち柱「集成材」

梁には、たわみに強い米マツや集成材を使用。

それぞれの特性を活かした工夫をしています。

柱・梁・筋交いで支える“在来軸組構造”と、外周壁・床に構造用合板を仕様「モノコック」ハイブリッド構造です。

住宅の外皮の省エネ性能

 

UA値「外皮平均熱貫流率」 

国の基準(0.87W/K) ZEH基準(0.6 W/K)以下

当社の家(0.55 W/K)平成30年1月施工の家

建物内外の温度差が1の場合の部位ごとの熱損失量の合計を外皮等の面積の合計で除した値をいいます。UA値が小さいほど熱が逃げにくく、断熱性能が高くなります。

ηA値「冷暖期の平均日射熱取得率」

国の基準(2.8)以下 

当社の家(1.5)平成30年1月施工の家

冷房期に、部位ごとの日射熱取得率に面積、方位係数を乗じた値を住宅全体で合計し、外皮等面積の合計で除した値をいいます。ηA値が小さいほど日射が入りづらく、冷房効率が高くなります。

高性能グラスウール「天井」

アクリアサンカット14kg/㎥ 厚155㎜ 遮熱フィルム付き
 
表面をアクリルコートしたアルミ遮熱フィルムを使用しています。遮熱フィルムは屋根面に施工します。
 

高性能グラスウール「壁」

アクリアネクスト14kg/㎡ 厚105㎜ 高性能防湿フィルム付き
柱の厚みと同じ10.5㎝を無駄なく充填します。
『ノン・ホルムアルデヒド』のグラスウール断熱材は、空気を閉じ込めた層をつくり布団のように保温しますので、フカフカした状態を保持し、隙間なく充填します。
省エネ等級「4」を確保します。

硬質ウレタン吹付「壁・天井」

冷凍倉庫などでも使用される特殊な断熱材。
液状の断熱材を断熱部分に直接吹き付けると僅か数秒で膨らみ、どんな隙間にも入り込んでしっかりと断熱します。

基礎で断熱

スタイロフォーム

基礎で断熱することで基礎下の地熱を利用、その影響に期待できます。

「基礎断熱スタイロフォーム第350㎜」換気は24時間換気システムにて行います。

基礎の立ち上がり、基礎ベース部分を断熱します。

樹脂サッシ

高性能樹脂サッシ・Low-E 複層ガラス  トステムサーマルⅡ YKK APW330
冬、暖房で暖められた熱の約半分は窓から失われます。また、夏に 室内へ流れ込む熱の約7割は窓から入ってきます。
高性能樹脂サッシ・Low-E 複層ガラスは夏の 直射日光を受けても室内温度が上がりにくく、冷房効果を落としません。
設計で軒や庇を取り入れることで、夏と冬の日差しをコントロールすることも大切です。

建物換気

建物通気工法

構造材の軸組と外壁材の間に空気が流れる層をつくり、下部の換気口から空気を取り入れ、軒裏や棟換気口から空気を排出する工法で温度差や気圧差などで空気が流通します。

また、それだけでは壁の中の湿気が放出できないため、湿気は通すが水を通さない透湿防水シートを軸組の外側に張り付け、軸組内に滞留した湿気を通気層に放出する仕組みとする工法です。

タイペックシルバー

遮熱効果期待
デュポン社製のタイベックシルバーを採用しています。
 

室内換気システム

第三種換気システムダクト式

2時間で1回、居室の空気を、機械式ファンを使い計画的に入れ替え、常に新鮮な空気を維持するためのシステムです。

住宅の高気密・高断熱化に伴い、建材等に含まれるシックハウス症候群の素となるホルムアルデヒトなど24時間換気します。

システムには他に第1種換気「熱交換を行い室内の温度無駄なく換気する」光熱費を節約できる方式があります。

エコデザイン株式会社
〒621-0052
京都府亀岡市千代川町千原2丁目
1番17号
TEL.0771-29-1406
FAX.0771-25-5510
定休日 毎週水曜日・第2、4火曜日
●新築事業/
  新築分譲・販売・建て替え工事
●リフォーム事業/
  リフォーム工事・アフター訪問
●設計事業/
  二級建築士事務所
  「京都府木造住宅耐震診断士
    登録」
●不動産事業/
  不動産売買・仲介・斡旋
●その他/
  上記に付帯する備品販売・
  施工・付帯する業務

●宅地建物取引業:
  京都府知事免許(2)12925号
●建設工事業:
  京都府知事許可(般-26)38077
●建築士事務所:
  2級建築士事務所(26B)
  第00134号
0
6
1
3
6
6
TOPへ戻る